ラブグラをイメージした包装箱

女性用のバイアグラ「ラブグラ」というものが販売されていますが、どのような医薬品かご存じですか?興味本位で購入!という前にきちんと副作用や効果などを下調べして、自分もパートナーも楽しめる性行為しましょう!

不感症はセルフチェック、対処法はラブグラが最適です

性にまつわるコンプレックスは、男女双方にそれぞれ存在します。
世間的には男性の勃起不全や早漏、包茎などが有名です。しかし、実際は女性側にも不感症と呼ばれるコンプレックスが存在しています。
性に関する話は女性同士でもタブーになっている事が多く、自分のコンプレックスについて、結婚してから初めて自覚なさる方々もいらっしゃいます。

性生活を実際に行う事で初めて自覚出来るコンプレックスもあり、具体的には膣の濡れづらさが女性を苦しめます。
単に性的な快楽を感じにくいだけならデメリットは少ないです。しかし、膣から分泌される潤滑油が少ないと、性交の際に激しい痛みを感じてしまい、せっかくの結婚生活のクオリティが下がってしまいます。

それとなく毎回、自分自身で膣口の濡れやすさをセルフチェックしましょう。
もし濡れにくい日が頻発するようであれば、対処法を考えなければいけません。
一週間に二度、三度と性交が困難な状態、あるいは激しい苦痛を伴う事が現れれば対処法としてラブグラを検討しましょう。

ラブグラは女性用バイアグラとして親しまれる専門薬です。
主成分は男性用のバイアグラと似ており、性のコンプレックスを短時間で治してくれます。
潤滑油の不足が改善され、またクリトリスの感度がアップする、膣内が普段よりも敏感になる等の好影響が出ます。
膣近くが十分に潤滑油で満たされるため、ペニスを挿入されたり、激しくペッティングを受けても痛みが生じません。
またクリトリスがペニスのように勃起しますので、普段はそこで性的快感を得ない女性も、感じられる体質へとなります。
服用した後、数時間は膣が濡れやすくなりますので、本人の体力が続く限り、快適なセックスが繰り返し行えます。